エヴァ パチンコ 筐 体k8 カジノWindows 10でUbuntuのシェル「Bash」が動き始める! だが日本語はどうなる?仮想通貨カジノパチンコパチンコ 必殺 仕事 人 v

エヴァ パチンコ 筐 体k8 カジノWindows 10でUbuntuのシェル「Bash」が動き始める! だが日本語はどうなる?仮想通貨カジノパチンコパチンコ 必殺 仕事 人 v

デジタル 一眼 レフ カメラ と はk8 カジノ 「Windows 10 The Latest」のインデックス

まどか マギカ スロット 叛逆連載目次

 2016年4月6日付けで、Windows 10 Insider Previewのファーストリング向けの新ビルド「14316」がリリースされた。2016年夏に公開される予定のWindows 10のメジャーアップデート、Anniversary Update版に向けた新機能が多く搭載されている。

「Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14316 Windows Experience Blog」[英語](Windows Experienceブログ)Windows 10ビルド14316Windows 10ビルド143162016年4月6日、Bashサポートを含む多くの新機能が取り入れられた新ビルドがInsider Preview向けにリリースされた。

 このビルドの主な新機能は次の通りである。

Ubuntu BashのネイティブサポートCortanaの端末同期機能・バッテリー残容量低下通知・Phoneを見つける/Phoneを鳴らす――Windows Phone端末紛失時の探索用機能・デバイス間でのマップの目的地情報の共有Edge向けの新しい拡張機能――ピン留めボタンとOneNoteクリッパー(OneNoteへの貼り付け機能)などUWP版のSkypeプレビューアクションセンターの改善――通知の優先度設定と、アプリごとの最大表示回数の制限など絵文字デザインの変更――より分かりやすく、より印象的なデザインへの変更個人用カラー設定の変更――全体的な明暗を変更する「白」「黒」モードの導入仮想デスクトップの改善――特定のアプリを常に全仮想デスクトップに表示させる機能を追加バッテリー関連の設定の集約Windows Updateの更新可能時間の設定――日中の仕事時間帯は更新させないようにするなど

 今回はこのうち、Ubuntu Bash機能について見ていく。なお、LinuxやUbuntuの使い方、Linuxのコマンドなどについては本稿では説明しないので、あらかじめご了承いただきたい。

Linuxサブシステムの概要

 ビルド14316では、Linuxサブシステムが新たに導入され、Ubuntuディストリビューションのシェル「Bash」やその他の開発ツールなどが利用できるようになった。

「Bash on Ubuntu on Windows – Download Now!」[英語](Windows Command Line Tools For Developersブログ)「Run Bash on Ubuntu on Windows」[英語](Building Apps for Windowsブログ)

 まだ実装されたばかりで機能も不足しているが、CLI(コマンドラインインタフェース)による開発や運用管理などに利用できるとされている。

 新しいLinuxサブシステム/Bashサポート機能の概要は次の通りである。

新しいWindows機能として「Bash on Ubuntu on Windows」を追加できるようになる。これは、「『Ubuntuディストリビューションに含まれるBash』を『Windows上でも実行できるようにする』」機能という意味この機能をインストールすると、Ubuntuディストリビューションをベースにしたファイルやコマンドなどがユーザーフォルダの下に展開される(ユーザーごとに固有の環境になる)起動できるのはBash(/bin/bash)のプログラムであって、Linux(Ubuntuディストリビューション)全体ではない(Bash以外のシェルもインストールすれば利用可能)Ubuntuディストリビューション向けのプログラム(Intelのx64 CPU向けの64bit ELF実行ファイル)を、再コンパイルや変更なしに、すべてそのまま実行できるBashからは、Coreutilsパッケージのような、テキストモードのコマンドのみを実行できる。不足するパッケージはUbuntuと同じように、apt-getなどで追加インストールできるX Window Systemはサポートされない(端末はテキスト出力のみ)。DISPLAY環境変数を設定して、外部のXサーバに表示させることは可能デーモン(Windowsのサービスやタスクのようなもの)機能はない。WebサーバやDBサーバのような、サーバプログラムの利用は対象外。基本的にはクライアントツールの実行のみを想定ネットワーク系のツールは、外部のシステムへ接続するようなもの(telnetやsshなど)は動作するが、ポートをリッスンするようなもの、ipconfigやnetstatのような自分の状態を表示するものは、(現状では)動作しない。pingやarpも動かないWindows側のファイルは「/mnt/c/~」「/mnt/d/~」などのパスで参照可能だが、Windows側のファイルシステムを“Windows流”に管理すること(ACLを変更するなど)は不可Windowsのプログラムを起動したり、逆にWindows側からLinuxコマンドを起動することは不可。パイプを使って両者の間でデータをやり取りすることも不可文字コードはUTF-8となっており、日本語も表示可能。ただし現状では日本語入力は不可だし、表示が乱れるケースも少なくないLinuxのプログラムを実行するために「Windows Subsystem for Linux(WSL)」という新しいサブシステムが実装されている。WSLは、Ubuntuディストリビューションの開発支援を行うCanonical社との協力によって開発されているWSLは、Linuxを動作させる仮想マシンでもないし、Dockerのようなコンテナでもない。LinuxのAPIをWindowsのAPIを使ってエミュレーションして実行する「サブシステム」である

 このBash on Ubuntu on Windowsはまだ開発途中につき、現状では不具合も多い。エミュレーション機能の不足により、動かないコマンドもあるし(プロセス管理やデバイス管理、ネットワーク管理系ツールなどに多い)、日本語だと文字表示が崩れたり、編集できないコマンドも少なくない。仕様なのか単なる未実装なのかも不明な点が少なくないが(Windows側コマンドの起動やパイプによるデータの受け渡しが不可など)、今後に期待したい。

Bashの導入手順

 このビルドでBashを利用するには、64bit版のWindows 10環境が必要である。そしてInsider Previewビルドのファーストリングに参加して、ビルド14316以降をインストールする。

 その上で「設定」アプリの「更新とセキュリティ」-「開発者向け」画面を開き、[開発者モード]を選択する。

開発者モードの有効化開発者モードの有効化これが最終的な仕様になるかどうかは不明だが、このビルドでWindows Subsystem for Linuxを利用するには、開発者モードを有効にする必要がある。一般ユーザー向けの機能ではないということか。 (1)これを選択する。

 次にコントロールパネルの[プログラムと機能]から[Windowsの機能の有効化または無効化]の画面を開いて、[Windows Subsystem for Linux]のチェックボックスをオンにしてインストールする。PowerShellからインストールする場合は、「Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux」を実行すればよい。

Windows Subsystem for Linux機能のインストールWindows Subsystem for Linux機能のインストールWindows Subsystem for Linuxは追加機能としてインストールする。 (1)このチェックボックスをオンにしてインストールする。

 システムの再起動後、コマンドプロンプトを開いて「bash」コマンドを実行する。初回起動時はLinux環境の構築が行われるので数分かかるが、以後はすぐに起動できるようになる。Bashの環境(Bashから見えるLinuxのファイルシステム)はユーザーごとに固有であり、「%userprofile%\AppData\Local\Lxss\rootfs」以下に展開される。この中に「/etc」や「/usr」「/bin」「/var」などのフォルダが作成され、ファイルがコピーされる。

Bashの起動Bashの起動最初はコマンドプロンプトから「bash」コマンドを実行する。 (1)コマンドプロンプト上からbashを起動する。以後は、bash.exeコマンドを実行すると、Bashのシェルウィンドウが表示されるようになる。 (2)インストールするかどうか聞かれるので、「y」と答えるとプログラムのインストールや、必要なパッケージのダウンロードと展開が行われる。 (3)しばらくするとインストールが完了し、このようにBashのプロンプトが表示される。この時点でもう使えるようになっている。

 [スタート]メニューには、[Bash on Ubuntu on Windows]というメニューが登録されているので、以後はこれをクリックすればBashが起動する。

[Bash on Ubuntu on Windows]メニュー[Bash on Ubuntu on Windows]メニュースタートメニューに登録されている[Bash on Ubuntu on Windows]は、Bash環境を起動するためのランチャーになっている。 (1)Ubuntu Bashシェルのアイコン。2.Bashを動かす仕組みと日本語サポート仮想通貨カジノパチンコサッカー 審判 資格 取得

コメントを残す