カジノ の ディーラー に なるにはk8 カジノHyper-V上のLinux仮想マシンで新たにサポートされる機能仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 ウォレット 複数

カジノ の ディーラー に なるにはk8 カジノHyper-V上のLinux仮想マシンで新たにサポートされる機能仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 ウォレット 複数

サイボーグ 009 パチンコ 設置 店k8 カジノ 「vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目」のインデックス

江田 パチンコ連載目次

Linux仮想マシンでのUEFIセキュアブートのサポートは既報の通り

 Windows Server 2012 R2のHyper-Vからは、仮想マシンの種類が「第1世代仮想マシン」と「第2世代仮想マシン」の2種類になりました。第1世代仮想マシンは“BIOSベースのx64コンピュータ”として動作し、32ビット(x86)または64ビット(x64)OSを動作させることができます。

 第2世代仮想マシンは“UEFIベースのコンピュータ”として動作し、64ビット(x64)OSだけを動かせます。また、第2世代仮想マシンのWindowsゲストでは、「UEFIセキュアブート」がサポートされています。

 Windows Server 2016のHyper-Vでは、第2世代仮想マシンのLinuxゲストにおいても、UEFIセキュアブートがサポートされるようになります(画面1)。

画面1画面1 Windows Server 2016およびWindows 10のHyper-Vでは、Linuxゲストの仮想マシンでUEFIセキュアブートがサポートされる

 UEFIセキュアブートが利用可能であるとマイクロソフトが公表しているのは、以下のLinuxディストリビューションおよびバージョンです。

SUSE Linux Enterprise Server(SLES)12以降Ubuntu 14.04以降Red Hat Enterprise Linux(RHEL)7.0以降CentOS 7.0以降

 この他にも、Oracle LinuxのRed Hat互換カーネル7.0以降は、RHEL 7.0以降と互換性があるのでセキュアブートで起動できるはずです。また、筆者はopenSUSE 13.2でもセキュアブートで起動できることを確認しました。

 Linuxゲストにおけるセキュアブートのサポートについては、Windows Server 2016の最初のTechnical Preview(TP)で既に実装済みであり、本連載でも紹介しました。

新しいHyper-VでサポートされるゲストOSを予想する(本連載 第7回)注目のDockerサポートは? Nano Serverは?――Windows Server 2016 Technical Preview 3登場! 新機能ピックアップ(本連載 第25回)Hyper-VでサポートされるLinuxおよびFreeBSDのリスト更新(2016年4月版)

 主要なLinuxディストリビューションの新しいバージョンには、Hyper-V対応のドライバやサービスがビルトインされており(サービスは追加インストールが必要な場合もあります)、Hyper-Vとの統合機能も拡充されてきました。主要な統合機能は、Windowsゲストであっても、Linuxゲストであっても、同じように利用できるようになっています。

 最新のサポート状況は、以下のWebサイトで公開されています。2016年4月上旬にこの情報が大幅に更新され、Windows Server 2016 TPの機能および対応状況が追加されました。

Supported Linux and FreeBSD virtual machines for Hyper-V on Windows[英語](Microsoft TechNet)

 上記のWebサイトのリストには、これまでLinuxゲストには提供されていなかった、次の4つの機能が追加されています。

追加機能詳細SCSI WWNストレージドライバ(storevsc)におけるFibre Channelデバイスのワールドワイド名(WWN)のサポートManual Memory Hot Add固定メモリのホットアドlsvmbus command仮想マシンバス上のデバイス情報を表示する/usr/sbin/lsvmbusコマンドHyper-V SocketsホストOSとゲストOS間のコミュニケーションのためのソケットAPI、hv_sockモジュールとして提供

 「SCSI WWN」と「lsvmbus」コマンドは、Windows Server 2012 R2およびWindows Server 2016 Hyper-Vの両方でサポートされる機能です。そして、「Manual Memory Hot Add」と「Hyper-V Sockets」は、UEFIセキュアブートと同じく、Windows Server 2016 Hyper-V上のLinuxゲストで新たにサポートされる機能になります。

Linux Integration Services 4.1 for Hyper-Vの提供開始仮想通貨カジノパチンコ名古屋 パチスロ 優良 店

コメントを残す