ドリーム ジャンボ 宝くじ 当選 番号k8 カジノWindowsとFlash Playerの関係、そして空白の1カ月仮想通貨カジノパチンコチョコット ランド バザー 相場

ドリーム ジャンボ 宝くじ 当選 番号k8 カジノWindowsとFlash Playerの関係、そして空白の1カ月仮想通貨カジノパチンコチョコット ランド バザー 相場

vegas spinsk8 カジノ 「Windowsにまつわる都市伝説」のインデックス

ベラ ジョン カジノ 無料 モード連載目次

Windows 8以降、IE向けのFlash Playerの提供と更新はWindowsに統合

 「Adobe Flash Player」のテクノロジーはさまざまなWebサイトで利用されており、快適なWebブラウジングには欠かせないプラグインの1つです。

 Windows 8以降ではOSにFlash Playerが同梱され、最初からインストールされています。このFlash Playerはたびたび脆弱(ぜいじゃく)性が発見され、更新バージョンが提供されますが、Windows 8以降では「Windows Update」を通じて更新されます(画面1)。

画面1画面1 Windows 8.1およびWindows 10は、2016年2月10日にWindows Updateで配布された「Flash Playerの更新(KB3135782)」で最新バージョン「20.0.0.306」に

 「Google Chrome」向けのFlash Playerプラグインもまた、グーグルから提供されるようになっており、Google Chromeの最新バージョンにはFlash Playerの最新版も含まれます。

 Windows 7以前の「Internet Explorer(IE)」「Mozilla Firefox」「Opera」は、Flash Playerをダウンロードしてインストールし、Flash Player自身の自動更新機能によって最新バージョンに更新されるようになっています。

 なお、利用中のWebブラウザにインストールされているFlash Playerのバージョン、およびプラットフォーム/Webブラウザで利用可能なFlash Playerの最新バージョンは、以下のアドビ システムズ(以下、アドビ)のWebサイトで確認できます。

Adobe Flash Player(アドビ システムズ)他は最新なのに、Flash Playerが更新されない空白の1カ月

 2016年2月10日時点で最新のFlash Player バージョン「20.0.0.306」(Windows上の各Webブラウザ用)は、「Adobeセキュリティ情報」の脆弱性識別番号「APSB16-04」への対応を含む更新バージョンです。

 セキュリティ情報の公開と同時に、Windows 7以前のIE 8~11、Windows 8.1のIE 11、Windows 10のIE 11およびMicrosoft Edge、Google Chrome、Firefox、Operaの各プラットフォームに対して、同時に最新バージョンが提供されました。

Adobeセキュリティ情報|リリース日:2016年2月9日(米国時間)、脆弱性識別番号:APSB16-04(アドビ システムズ)

 前回のFlash Playerに対するセキュリティ更新は、2015年末に公開された脆弱性識別番号「APSB16-01」でした。このときも、各プラットフォームに対して、同時にバージョン「20.0.0.267」が提供されました。

Adobeセキュリティ情報|リリース日:2015年12月28日(米国時間)、脆弱性識別番号:APSB16-01(アドビ システムズ)

 しかし、Flash Player バージョン「20.0.0.267」にはいくつか不具合があり、1月中に修正版が提供されています。IEに影響する不具合については、1月2日にWindows 7以前のIE 8~11向けに修正バージョン「20.0.0.270」が提供されました。

 この修正はWindows 8のIE 10、Windows 8.1のIE 11、Windows 10のIE 11およびMicrosoft Edgeに対して、1月の定例のWindows Updateで配布された更新プログラム「KB3133431」で提供され、これらのプラットフォームのFlash Playerはバージョン「20.0.0.272」になりました。

 1月20日には、IEおよびIE以外のプラットフォームにも影響する不具合の修正版がバージョン「20.0.0.286」として提供されました。このバージョンに相当する修正版は、Windows 8以降に組み込まれたFlash Playerに対しては提供されず、不具合は2月のWindows Updateで提供された次のセキュリティ更新であるバージョン「20.0.0.306」まで放置されたままでした(画面2)。

画面2画面2 1月20日から2月10日までの間、Windows 8.1のIE 11、Windows 10のIE 11、Microsoft EdgeのFlash Playerのバージョンは、不具合を含む古いバージョンのまま放置された(画面奥はMicrosoft Edge、手前はGoogle Chrome)

 Flash Playerの更新情報については、以下のWebサイトで確認できます。

Flash Playerヘルプ|リリースノート | Flash Player 20、AIR 20(アドビ システムズ)

 このような経緯から想像するに、Windowsに組み込まれたFlash Playerについては、緊急性の高いセキュリティ更新についてはその都度対応し、不具合の修正についてはWindows Updateの月例のリリースサイクルで行われる方針のようです。

 しばらく放置された不具合の影響を受けるのは、ごく一部のWebサイトやアプリケーションだけかもしれません。不具合の影響をすぐに解消したければ、IEやMicrosoft Edgeとは別に、Flash Playerの提供ルートが異なるWebブラウザ(ChromeやFirefox)をもう1つ、いつでも使える状態にしておくのがよいかもしれません。

悲報! Windows 8のIE 10用Flash Playerは「20.0.0.272」で更新ストップ仮想通貨カジノパチンコいろんな ゲーム 無料

コメントを残す