ベラ ジョン カジノ アフィリエイトk8 カジノCentOS 7の標準環境だけですぐできる、WordPress「5.4倍高速化」テクニック 前編仮想通貨カジノパチンコplay slots win real money

ベラ ジョン カジノ アフィリエイトk8 カジノCentOS 7の標準環境だけですぐできる、WordPress「5.4倍高速化」テクニック 前編仮想通貨カジノパチンコplay slots win real money

パチンコ 確率 仕組みk8 カジノ

日の丸 パチンコ 五井連載バックナンバー

 前回は、Amazon Web Services(以下、AWS)の仮想クラウドサーバ「Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)」上のCentOS 7にインストールしたWordPressを題材に、PHPアクセラレータである「APC(Alternative PHP Cache)」を導入し、「2.5倍高速化」するテクニックを紹介しました。

 今回はその続きとして、CentOS 7の標準リポジトリのみを使って、

PHPの実行時間MySQLの実行時間翻訳処理の実行時間HTTPレスポンスの通信時間

 を最適化するテクニックにより、WordPressをもっと高速化していきます。

 さらに、Apacheの構成とOSのパラメータについての最適化も導入して、CentOS 7の外部リポジトリとページキャッシュを用いない範囲でどこまでWordPressを高速化できるかも追求しましょう。ベンチマークを取りながら、最終的に「5.4倍」のパフォーマンス向上を目指します。

photoWordPressの日本語ローカルサイトPHPアクセラレータ「OPCache」と「APC」の違い

 前回紹介したPHPアクセラレータである「APC」は、PHPの中間コードをキャッシュする「コードキャッシュ機能」と、ユーザーデータをメモリ内にKVS(Key Value Store)形式でキャッシュする「データキャッシュ機能」、大別して2つの機能を持っています。前回は、中間コードをキャッシュするコードキャッシュ機能を利用してPHPの実行時間を短縮させました。今回は、別のPHPアクセラレータである「OPCache」を導入することで、さらにPHPの実行時間を短縮させます。

 OPCacheは、PHP 5.5以降で標準となった高性能なPHPアクセラレータです。PHP 5.4にも導入可能です。しかしOPCacheは、APCに備わるユーザーキャッシュ機能を持っていないため、APCと同等のユーザーキャッシュ機能を持つKVSである「APCu」を併せて導入します。APCuのユーザーキャッシュ機能は、後述する翻訳処理の最適化処理で利用します。

 ちなみに、APCはPHP 5.5以降では利用できません。APCを用いた環境をPHP 5.5以降にアップデートする場合には、今回紹介するOPcacheとAPCu、二つのエクステンションを導入する必要があります。

(参考記事)PHP 5.5の新機能:さっくり理解するPHP 5.5の言語仕様と「いい感じ」の使い方

 それでは、実践していきましょう。前回紹介した「CentOS 7上でAPC導入済みのWordPress環境」が既にあることを前提に解説しますので、この記事から読み始めた方は、連載バックナンバーの第1回目から、ないし第2回目「WordPressを2.5倍速くするPHPアクセラレータ“APC”」をご覧いただいてから導入するようにしてください。

(参考記事)連載:とにかく速いWordPress

PHPアクセラレータ「OPcache」、KVSの「APCu」を導入する

 仮想マシンにSSHでログインして、管理者ユーザーに変更します。

[centos@ip ~]$ sudo su –

 次に、peclコマンドで「OPcache」と「APCu」をインストールします。APCuはウィザード形式でインストールが進むので、全てEnterで進めて大丈夫です。

# pecl install zendopcache-7.0.5# pecl install apcu-4.0.10

 なお、peclコマンドでのエクステンションの導入は、バージョンの指定が可能です。上記のコマンド例では、OPcacheは執筆時点での最新バージョンである「7.0.5」を、APCuはPHP 5系に対応している最新バージョンである「4.0.10」を指定してインストールしています。各エクステンションの最新バージョンおよびPHPの対応バージョンについては、以下のサイトより確認してください。

各エクステンションの最新バージョンおよびPHPの対応バージョンの確認先OPcache →https://pecl.php.net/package/ZendOpcacheAPCu →https://pecl.php.net/package/APCu

 次に、設定ファイル「apc.ini」を記述します。次の内容を/etc/php.d/apc.iniとして保存してください。

[opcache]zend_extension = /usr/lib64/php/modules/opcache.soopcache.enable = 1opcache.enable_cli = 1opcache.memory_consumption = 128opcache.interned_strings_buffer = 8opcache.max_accelerated_files = 4000opcache.blacklist_filename = /etc/php.d/opcache*.blacklist[apcu]extension = apcu.soapc.enabled = 1apc.enable_cli = 1apc.shm_size = 64Mapc.mmap_file_mask = /tmp/apc.XXXXXXリスト1:/etc/php.d/apc.ini

 Apacheを再起動して、変更を反映させます。

[root@ip ~]# systemctl restart httpd

 Webブラウザで、トップページにアクセスしてください。初回は少し時間がかかりますが、二度目以降のリロードではページのロード時間が速くなっていることが確認できます。筆者の環境では、およそ66ms前後になりました(画面1)。

photo画面1 WordPressのトップページのロード時間をFirebugで確認したところ

(関連記事)Webのバグを燃やしまくるFirebugと、そのアドオン7選

 続いてabコマンドでベンチマークを取ってみます。

[root@ip ~]# ab -n 100 -c 10 http://ec2-xxx.xxx.compute.amazonaws.com/(“xxx”はユーザー固有の文字列、以下同)

 筆者の環境では、Requests per secondが30.51となりました。前回のベンチマークも併せてまとめると以下になります。

パフォーマンス比較ページのロード時間(デフォルト環境比)1秒当たりの同時アクセス数(Requests per second)デフォルト環境176ms11.24APC導入後(前回)70ms(約251%)29.20OPcache+APCu導入後(今回)66ms(約266%)30.51

 OPcache+APCuの導入により、デフォルト環境と比べて約2.6倍に、APC導入時と比べても6%ほどパフォーマンスが向上しました。

MariaDBの設定を調整してDB処理を高速化する仮想通貨カジノパチンコラグビー トップ リーグ テレビ

コメントを残す