k8 カジノ k8 パチスロ – 3pintsgone.com

ベラ ジョン カジノ ライブ カジノk8 カジノWindows 10でBashやDockerが使えるようになるってホント?仮想通貨カジノパチンコqoo10 タイム セール

ベラ ジョン カジノ ライブ カジノk8 カジノWindows 10でBashやDockerが使えるようになるってホント?仮想通貨カジノパチンコqoo10 タイム セール

ベラ ジョン カジノ ライブ カジノk8 カジノWindows 10でBashやDockerが使えるようになるってホント?仮想通貨カジノパチンコqoo10 タイム セール

ビット フライヤー スプレッド 高 すぎるk8 カジノ

スロット 麻雀 格闘 倶楽部 3 期待 値連載目次

最新Insider Previewビルドで登場した新機能あれこれ

 Windows 10は固定的なバージョンではなく、「Windows as a Service(サービスとしてのWindows)」として新機能の追加や新しいテクノロジーへの対応が継続的に行われています。

 マイクロソフトが実施している「Windows Insider Program」(以下、Insiderプログラム)は、次の正式リリースに向けて開発中のWindows 10のビルドを先行的に評価したり、不具合をフィードバックしたり、改善や新機能を提案したりできるものです。中には採用されるかどうかも分からない、実験的な試みも含まれるようです。

 例えば、Windows 10のストップエラー発生時に表示されるブルースクリーン(Blue Screen of Death:BSoD)にQRコードが追加され、ユーザーフレンドリーになるというウワサがあります。本稿執筆時点で最新だった「ビルド14316」(※2016年4月23日に「ビルド14328」がリリースされました)には、確かにその機能が存在しました(画面1)。

画面1 Windows 10のブルースクリーンに追加される“かもしれない”QRコード。この画面は「ビルド14316 日本語版」で意図的にストップエラーを発生させたもの

 現在、Insiderプログラムの参加者は、この夏に正式リリースが予定されている次の大型アップデート「Windows 10 Anniversary Update」(「Redstone 1」や「RS1」とも呼ばれています)に向けて開発中のInsider Previewビルドを試してみることができます。

 先日、米国で開催された開発者向けカンファレンス「Build 2016」では、Windows 10に追加される新機能について幾つか発表がありました。中でも筆者が注目したのは、ネイティブなUbuntuの「Bash」シェル環境をWindows 10上で利用可能にする「Windows Subsystem for Linux」と、Windows 10での「Hyper-Vコンテナ」のサポートに関するものです。いずれも、開発者向けの新機能です。

Run Bash on Ubuntu on Windows[英語](Windows Blog)//build 2016 Container Announcements: Hyper-V Containers and Windows 10 and PowerShell For Docker![英語](Virtualization Blog)米マイクロソフトがBash on Windowsを発表、その目的は(@IT:Server & Storage)Windows 10でUbuntuのシェル「Bash」が動き始める! だが日本語はどうなる?(@IT:Windows Server Insider)

 ビルド14316では、両機能が「Windowsの機能」として有効化できるようになっています(画面2)。「Windows Subsystem for Linux(Beta)」はビルド14316から、Hyper-Vコンテナのための「Containers」はもう少し前のビルドから(筆者が確認した限りではビルド14295から)追加されました。

画面2 ビルド14316では「Windows Subsystem for Linux(Beta)」と「Containers」を有効化できるLinux用サブシステムは驚きの新機能? UNIXからの鞍替え?仮想通貨カジノパチンコロッピー 通販

モバイルバージョンを終了