ポーカー チップ クレイk8 カジノ集計表をビジュアル化する「ピボットグラフ」の作り方仮想通貨カジノパチンコ鬼武 者 再臨 アプリ

ポーカー チップ クレイk8 カジノ集計表をビジュアル化する「ピボットグラフ」の作り方仮想通貨カジノパチンコ鬼武 者 再臨 アプリ

bet365 sk8 カジノ

まとま ぎ パチンコ連載バックナンバー

 本連載は、今後のビジネスに必須とされる「データ分析」の第一歩を踏み出してもらうために、Excelを通じた「ピボットテーブル」をまずマスターすることを目的にする。Microsoft Excel 2013(以下、Excel)を使って、ピボットテーブルを実務で応用していくためのノウハウを紹介していく。

 前回は、ピボットテーブルで作成した集計表の視認性を高める「デザインを工夫」するテクニックを紹介した。

 今回は、それをもっと説得力を高めて、「第三者に分かりやすく伝えられる」ように仕上げる「ピボットグラフ」の基礎と作り方を解説する。

 事前準備として、今回も第4回「ピボットテーブルで、“さまざまな視点でのデータ分析”を簡単に実践する(応用編)」などで用意した「テーブル型式に変換した売上一覧のリストデータ」を用意してほしい。テーブル型式への変換方法は、第2回「初めてでも今すぐ実践できる、ピボットテーブルの作り方」を参照してほしい。

photo今回用意してほしい、売上一覧を「テーブル型式」に変換したリストデータの見本(画像クリックでリスト全体の見本を表示)

 リストデータのサンプルは以下の通り。

NO日付商品名単価数量金額担当12014/5/1ノートPC1458003437400夏目22014/5/1デスクトップパソコン2128002425600夏目32014/5/1デジカメ458003137400夏目42014/5/2KINECT248005124000久利52014/5/2Leap Motion126008100800久利62014/5/2ノートPC1458002291600久利72014/5/3デスクトップパソコン2128004851200阪神82014/5/3プリンター348005174000阪神92014/5/4ノートPC14580081166400正岡102014/5/5KINECT2480010248000愛媛112014/5/5マウス35002070000愛媛122014/5/5ノートPC1458005729000愛媛132014/5/5スキャナー658002131600愛媛142014/5/6デスクトップパソコン2128003638400内田152014/5/6デジカメ458004183200内田162014/5/6プリンター348005174000内田172014/5/6ディスプレイ39800279600内田182014/5/7ディスプレイ398004159200薬師寺192014/5/7ノートPC1458006874800薬師寺202014/5/7KINECT248005124000薬師寺212014/5/10タブレットPC980008784000広瀬222014/6/1ノートPC1458006874800夏目232014/6/1デスクトップパソコン2128004851200夏目242014/6/1デジカメ458003137400夏目252014/6/2KINECT248007173600久利262014/6/2Leap Motion12600563000久利272014/6/2ノートPC1458004583200久利282014/6/3デスクトップパソコン21280071489600阪神292014/6/3プリンター348003104400阪神302014/6/4ノートPC1458004583200正岡312014/6/5KINECT248008198400愛媛322014/6/5マウス35002587500愛媛332014/6/5ノートPC1458003437400愛媛342014/6/5スキャナー658004263200愛媛352014/6/6デスクトップパソコン21280061276800内田362014/6/6デジカメ458007320600内田372014/6/6プリンター348006208800内田382014/6/6ディスプレイ398004159200内田392014/6/7ディスプレイ398006238800薬師寺402014/6/7ノートPC14580081166400薬師寺412014/6/7KINECT248007173600薬師寺422014/6/10タブレットPC980006588000広瀬432014/7/1ノートPC1458005729000夏目442014/7/1デスクトップパソコン21280061276800夏目452014/7/1デジカメ458007320600夏目462014/7/2KINECT24800374400久利472014/7/2Leap Motion12600788200久利482014/7/2ノートPC1458005729000久利492014/7/3デスクトップパソコン2128003638400阪神502014/7/3プリンター348004139200阪神512014/7/4ノートPC14580091312200正岡522014/7/5KINECT248005124000愛媛532014/7/5マウス350035122500愛媛542014/7/5ノートPC1458005729000愛媛552014/7/5スキャナー658003197400愛媛562014/7/6デスクトップパソコン2128004851200内田572014/7/6デジカメ458007320600内田582014/7/6プリンター348008278400内田592014/7/6ディスプレイ398006238800内田602014/7/7ディスプレイ398005199000薬師寺612014/7/7ノートPC1458004583200薬師寺622014/7/7KINECT24800374400薬師寺632014/7/10タブレットPC980007686000広瀬リスト1:リストデータのサンプルグラフの基となる集計表を作成する

 ピボットグラフのサンプルとして、今回は商品の売上高をまとめた集計表を使おう。用意したリストデータを基に、ピボットテーブルでこの集計表を作成してほしい(図1)。

photo図1 商品の売上高をまとめた集計表を作る

 金額は「3桁区切り」の表記で統一しよう。金額のセル「B4」などにカーソルを合わせて、Excelメニュー「ピボットテーブルツール」タブ→「分析」→「フィールドの設定」→「表示形式」から、「数値」→「桁区切り(,)を使用する」を選択する。詳しい設定方法は、第6回「ピボットテーブルの“デザインを工夫”して視認性と説得力を高める」で紹介した、「数値を“3桁カンマ区切り”の表記に統一する方法」を参照してほしい。

 集計表の金額は「降順」にするのが良いだろう。同じく「B4」セルにカーソルを合わせ、Excelメニュー「ホーム」タブ→「並べ替えとフィルター」から、「降順」を選ぶ。カンマ区切りの金額が降順で並んだ集計表になった(図2)。

photo図2 カンマ区切りの表記で統一し、売上額の降順とする集計表にする「ピボットグラフ」の作り方

 作成した集計表を基に、「ピボットグラフ」を作成していこう。

 金額のセル「B4」にマウスカーソルを合わせ、Excelメニュー「ピボットテーブルツール」タブ→「分析」→「ピボットグラフ」と選択する(図3)。

photo図3 「ピボットグラフ」を選択する

 「ピボットグラフの挿入」ダイアログボックスが表示される(図4)。

photo図4 作りたいグラフの種類を選ぶ「ピボットグラフの挿入」ダイアログボックスが表示される

 グラフテンプレートはたくさんあるが、今回は売上の比較をするので、まずは縦の棒グラフを選んでみよう。グラフのテンプレートから「縦棒」→「集合縦棒」を選択する。これだけで、縦の棒グラフで表現された「ピボットグラフ」が作成された(図5)。

photo図5 棒グラフで表現された「ピボットグラフ」を作成できた「任意の商品名」のピボットグラフを表示する

 では、もっと応用してみよう。「任意の商品名だけ」を選び、ピボットグラフにする方法を実践する。

 図5で作成したピボットグラフの左下に「商品名▼」マークがある。ここから、並べ替えやフィルターしたい項目などを選択できるメニューが開く。例えば、「タブレットPC」「デスクトップパソコン」「ノートPC」の売上だけを表示させたいならば、他の項目を外して、それらの項目だけにチェックを入れればよい(図6)。これで、「タブレットPC」「デスクトップパソコン」「ノートPC」の項目だけ表示させたピボットグラフに仕上がる(図7)。

photo図6 表示させたい項目にだけチェックを入れるphoto図7 「タブレットPC」「デスクトップパソコン」「ノートPC」の項目に絞って作成したピボットグラフ

 タイトルは、その文字列の上でダブルクリックすると編集できる。例えば「集計」から「商品別売上グラフ」とすれば、より分かりやすいグラフになる(図8)。

photo図8 グラフのタイトルは、文字列のダブルクリックで変更できるピボットグラフに「データラベル」を表示し、「デザイン」を変更する仮想通貨カジノパチンコj スポーツ ネット

コメントを残す