宝くじ プロ の 買い方k8 カジノAzureにおけるRed Hat Enterprise Linux(RHEL)サポートのいま仮想通貨カジノパチンコqoo10 注文 履歴 消え た

宝くじ プロ の 買い方k8 カジノAzureにおけるRed Hat Enterprise Linux(RHEL)サポートのいま仮想通貨カジノパチンコqoo10 注文 履歴 消え た

在宅 勤務 が できる 会社k8 カジノ 「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

スーパー スロット 大塔連載目次

AzureにおけるRHELの正式サポートは2015年11月から

 Microsoft AzureのAzure仮想マシンでは、広範囲のLinuxディストリビューションおよびバージョンがサポートされています。Azure仮想マシンでの動作保証済みのLinuxディストリビューションおよびバージョンに対しては「Azure Linuxエージェント」が提供され、Azure仮想マシン上で最適化して実行できると同時に、診断機能などのAzure仮想マシンの拡張機能が利用できます。

Azureでの動作保証済みLinuxディストリビューション(Microsoft Azure)

 これまで、企業向け有料サブスクリプション製品のLinuxディストリビューションとしては、「SUSE Linux Enterprise Server(SLES)」だけがAzure上で利用可能でした。SLES Basicイメージは、Linux仮想マシンのコンピューティング料金内でSLESのソフトウェア更新を利用可能です。また、SLES Premiumイメージは、Linux仮想マシンのコンピューティング料金とSLESの時間単位のサポート料金で利用でき、ソフトウェア更新に加えて、電話および電子メールサポートを受けることができます。

 2015年11月には、AzureはRed Hat認定クラウド&サービスプロバイダーとなり、Azure仮想マシンにおいて、企業向け有料サブスクリプション製品である「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」のサポートが追加されました。

 ただし、この時点ではAzureからは仮想マシンイメージや従量課金モデルの提供はなく、顧客が所有する有料サブスクリプションの「Red Hat Cloud Access」の権利を行使して、RHELの仮想マシンイメージと共にRHELのサブスクリプションをAzure仮想マシンに移行できるというものでした。現在、Azure仮想マシンでは、RHEL 6.7以降およびRHEL 7.1以降がサポートされています。

マイクロソフトとレッドハットがクラウドで提携(@IT)MicrosoftとRed Hatが提携発表 AzureがEnterprise Linuxを正式サポートへ(ITmediaニュース)2月18日からRHELを時間単位の重量課金モデルで利用可能に

 2016年2月18日からは、「Azureの新しいポータル」(https://portal.azure.com/)の「Azure Marketplace」で、RHEL 7.2およびRHEL 6.7のイメージが利用可能になりました(画面1)。

画面1画面1 2016年2月18日からAzure Marketplaceで利用可能になったRHELのイメージ

 これらのイメージを利用して展開したAzure仮想マシンは、Linux仮想マシンのコンピューティング料金に加えて、時間単位の従量課金モデルでRHELのサポート料を支払うことで、ソフトウェア更新およびマイクロソフトとレッドハットからのサポートを受けることが可能になります。

AzureでRed Hatソリューションを使用する(Microsoft Azure)Virtual Machinesの価格|Red Hat Linux(Microsoft Azure)Virtual Machinesの価格|Linux(Microsoft Azure)

 Azure MarketplaceのRHEL 7.2およびRHEL 6.7イメージを利用すると、数分でRHELの仮想マシンをAzure上にデプロイでき、パスワードまたは証明書認証のSecure Shell(SSH)でリモート接続することができます(画面2)。

注意

RHELイメージからデプロイされるAzure仮想マシンは、無料試用版で提供されるクレジットの対象外です。

画面2画面2 RHEL 7.2のイメージを選択して、Azure仮想マシンのデプロイを開始する

 また、RHEL 7.2およびRHEL 6.7イメージにはAzure Linuxエージェントが最初から組み込まれており、起動の診断など、基本的な診断機能をすぐに利用できます。さらに、Red Hatカスタマーポータルに登録する作業なしで、「ソフトウェア更新(yum update)」機能を利用して修正プログラムのダウンロードとインストールを実行できます(画面3)。

画面3画面3 Red Hatカスタマーポータルへの登録なしで、ソフトウェア更新が可能

 なお、「Azureクラシックポータル(https://manage.windowsazure.com/)」の仮想マシンギャラリーからはRHEL 7.2およびRHEL 6.7イメージを利用できませんが、新しいポータルでクラシックデプロイモデルを選択して、Azureのクラシック環境に仮想マシンをデプロイすることは可能です。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」バックナンバー Azure Dedicated Hostがホストの再起動を正式サポート――ホストレベルでのトラブルシューティングが可能にサーバ管理ツールが大型アップデート、「Windows Admin Center 2211」がリリース――仮想マシンの管理も容易にAzure仮想マシンへの接続がもっと簡単、安全に――Azure Bastionの“使える”新機能「共有可能リンク」とは新しいSQL Serverはクラウドとより密接に――Azure対応新機能を満載した「SQL Server 2022」リリース「2024年9月」にAzure MFA Serverサービスが停止――Active Directory/Azure ADへの影響は?最新バージョンでは何が変わった? Azure Stack HCI バージョン22H2が一般提供開始Azure仮想マシンへの安全なRDP接続を実現する5つの方法ダウンタイムなしでディスクサイズが拡張可能に――Azure仮想マシンのデータディスクのライブ拡張が正式サポートコスト効率の良いArmベースのAzure仮想マシンシリーズが新たに提供開始、サポートされるゲストOSは?仮想マシンへの最新のアプリケーションデプロイを自動化する「VMアプリケーション」とはマルチテナントの経済性と厳格な機密要件を両立するMicrosoft Azureの「コンフィデンシャルVM」とはこれは便利かも! チェックポイントとして手軽に使えるAzure仮想マシンの「復元ポイント」Azure ADで“パスワード入力なし”でパスワードレス認証設定を可能にする「一時アクセスパス(TAP)」とは?Azureのハイブリッド環境を低コストで入手可能に――シングルサーバ構成のAzure Stack HCIクラスタが正式サポートAzureの新たなサーバレスのコンテナ実行環境、Azure Container Appsの一般提供開始MicrosoftによるMirantis Container Runtimeのサポートは「2022年9月」に終了バグ修正が主なマイナーアップデート「Windows Admin Center 2110.2」がリリース、前バージョンのサポート切れに要注意ライセンスコスト削減に貢献するか? Azure Stack HCIゲスト用のWindows Serverサブスクリプションアドオンの一般提供開始Windows 11とWindows Server 2022に正式対応! System Center 2022の一般提供開始、DPM 2022は2022年5月リリースAzureの「ストレージアカウント(クラシック)」が間もなく廃止! 利用者は早めの対応を「SQL Best Practice Assessment」でAzure仮想マシン上のSQL Serverを評価するAzureの無駄な課金を防ぐ! OSディスク、データディスク、NIC、パブリックIPの「VMと共に削除」オプション再起動なしで長期運用を実現、Windows Server仮想マシンの「ホットパッチ」機能が正式版にAzure Kubernetes ServiceのWindows Serverノードで「containerd」が正式にサポートSQL Server 2008/2008 R2とWindows Server 2008/2008 R2に「4年目」の拡張セキュリティ更新プログラム提供開始(Azureのみ)「Windows Server 2022 Datacenter:Azure Edition」の一般提供開始、SMB over QUICでWindows 11との安全なファイル共有が可能にWindows 11/Windows Server 2022に対応した「Windows Admin Center 2110」がリリースWindows Server 2022ベースの「Azure Stack HCIバージョン21H2」が正式リリース 何ができる? 新機能は?Azure Virtual DesktopがAzure ADのみの環境に正式対応これで画面共有も安心、Windows 365 Cloud PCとAzure Virtual Desktopで「画面キャプチャ保護」機能が利用可能に安全なファイル共有を提供する「Azureファイル共有」の3つの新機能とはWindows Server 2022の新機能「SMB over QUIC(プレビュー)」のカンタン評価ガイド「2024年8月末」で廃止されるMicrosoft Azureのサービス、API、SDK、ツールへの対応に備えようWindows Server 2022が正式リリース 企業のクラウド/サーバ利用環境はどう変わる?Windows 11も利用可能な「Windows 365」が正式にサービスをスタート、その中身は?ハイブリッドなID基盤構築を支援するコネクター「Azure AD Connect」のv2.0がリリースAzure仮想ネットワークに高度な保護機能を提供する「Azure Firewall Premium」とはWindows Server 2012/2012 R2とSQL Server 2012向けのESU発表、最大3年間の利用延長が可能に「SQL Server on Windows」コンテナ、一般提供されることなくBetaプログラムを終了カスタムイメージの作成を自動化する「Azure Image Builder」でWindows Server 2019の日本語化に挑戦Azureファイル共有がSMBに加えて、NFS 3.0を正式にサポートNano Server「1809」コンテナイメージのサポート期間が5年間延長に「つながらない」と慌てるその前に――Azure Backupの“TLS 1.2必須化”に備えよう!次期Windows Server「Windows Server 2022」のプレビューISOイメージが、評価版センターから入手可能にAzure Stack HCIの無料評価期間が60日に延長、より時間をかけた検証、評価が可能にちょっとしたアプリの作成に最適な「Azure Static Web Apps」が一般提供開始いつでも、どこからでもAzureを管理――Azure管理者必携ツール「Azureモバイルアプリ」の使い方Azure仮想マシンを“お安く”利用できる「Azureスポット仮想マシン」とは数カ月間“再起動なし”のセキュリティ更新を実現するAzure仮想マシンの新機能「ホットパッチ」とは?Windows、Azureの管理はどう変わる?――Windows Admin Center バージョン2103の一般提供とAzureポータル統合のWindows Admin Centerのパブリックプレビューが開始筆者紹介山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Cloud and Datacenter Management(Oct 2008 – Sep 2016)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。マイクロソフト製品、テクノロジーを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手掛ける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。

仮想通貨カジノパチンコバチンコ 店 ランキング

コメントを残す