射手 座 宝くじk8 カジノ実運用への道に近づいた、新しい「Nano Server」[後編]仮想通貨カジノパチンコは ん ぶん や パチンコ

射手 座 宝くじk8 カジノ実運用への道に近づいた、新しい「Nano Server」[後編]仮想通貨カジノパチンコは ん ぶん や パチンコ

スカパー ワールド カップk8 カジノ 「vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目」のインデックス

パチスロ 淫夢連載目次

Nano Serverがサポートする役割と機能が大幅増加

 Windows Server 2016 Technical Preview(TP)3までの「Nano Server」は、以下の役割や機能をサポートしていました。

Hyper-V(画面1)ファイルサーバの役割フェイルオーバークラスタリングの機能Windows Defenderの機能アプリケーション互換性サポートHyper-V仮想マシン用のゲストドライバ物理サーバ用のOEMドライバ画面1画面1 Nano ServerのHyper-Vにリモートの「Hyper-Vマネージャー」から接続し、仮想マシンを実行しているところ

 これらはパッケージとして、Nano Serverのオフラインイメージに事前に組み込むか(「New-NanoServerImage」コマンドレットを使用)、オンラインで追加することができます(「DISM /Online /Add-Package」コマンドを使用)。

 Windows Server 2016 TP4のNano Serverは、上記に加え、以下の役割や機能、エージェントのサポートが追加されます。

DNSサーバの役割IIS Webサーバの役割(画面2)Containersの機能(画面3)PowerShell DSC(Desired State Configuration)の機能ネットワークパフォーマンス診断サービスの機能データセンターブリッジング(DCB)の機能System Center Virtual Machine Managerエージェント画面2画面2 Azure IaaS(Infrastructure as a Service)上の仮想マシンで実行中のNano ServerでIIS(インターネットインフォメーションサービス)を追加、実行したところ画面3画面3 Nano Serverをコンテナホストとして、Hyper-VコンテナおよびWindows Serverコンテナを作成、実行しているところSystem Center 2016によるエージェント管理に対応

 TP4のNano Serverは、Windows Server 2016 TP4と同時にリリースされた「System Center 2016 TP4」による管理に対応しています。

 System Center Virtual Machine Managerのエージェントは、Nano Serverのパッケージとして提供されています。このエージェントパッケージを追加すると、Nano ServerのHyper-VホストをSystem Center Virtual Machine Managerの管理対象として追加、管理することができます(画面4)。

画面4画面4 System Center 2016 TP4 Virtual Machine Managerの管理対象として、Nano ServerベースのHyper-Vホストを追加できる

 また、System Center Operations Managerのエージェントも、System Center 2016 TP4 Operations Managerに同梱されています。System Center 2016 TP4 Operations Managerが提供するWindows PowerShellスクリプトを使用することで、エージェントをリモートインストールし、System Centerの管理対象に追加することができます(画面5)。

画面5画面5 System Center 2016 TP4 Operations Managerは、Nano Server対応のエージェントをリモートインストールするPowerShellスクリプトを提供するTP4のNano Serverを評価するには

 今回は具体的な手順は説明しませんでしたが、TP4のNano Server環境を構築するには、英語版のWindows Server 2016 TP4のインストールメディアを使用するなど、言語環境に関係する留意点がいくつかあります。筆者が試行錯誤したレポートを個人ブログにまとめてありますので、これからNano Serverを評価するという方は参考にしてください。

Nano Server TP4まとめ(筆者ブログ:山市良のえぬなんとかわーるど) 「vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目」バックナンバー 「パスワードのない世界」を実現する「Windows Hello for Business」のオンプレ展開をリアルレポート(その6)「パスワードのない世界」を実現する「Windows Hello for Business」のオンプレ展開をリアルレポート(その5)「パスワードのない世界」を実現する「Windows Hello for Business」のオンプレ展開をリアルレポート(その4)「パスワードのない世界」を実現する「Windows Hello for Business」のオンプレ展開をリアルレポート(その3)「パスワードのない世界」を実現する「Windows Hello for Business」のオンプレ展開をリアルレポート(その2)「パスワードのない世界」を実現する「Windows Hello for Business」のオンプレ展開をリアルレポート(その1)ついに完成、Windows Server 2016 評価版をインストールしてみたWindows Server 2016の「サーバー管理ツール」に追加された4つの新機能小規模ビジネス専用エディション、Windows Server 2016 Essentialsの機能と役割管理者権限をコントロールする2つのアプローチ――必要最低限の管理(JEA)と特権アクセス管理(PAM)Hyper-Vホストクラスタの新機能(2)──仮想マシンの開始順序速報! Windows Server 2016の正式リリースは2016年9月末にHyper-Vホストクラスタの新機能──仮想マシンのノードフェアネスDockerとの相互運用性が向上したWindowsコンテナ[後編]Dockerとの相互運用性が向上したWindowsコンテナ[前編]いつでも、どこからでも使える、Windows Server 2016向けリモート管理ツール「サーバー管理ツール」Windows Server 2016 TP5の「サーバーの役割と機能」、TP4からの変更点まとめWindows Server 2016 Technical Preview 5の評価方法と注意点Hyper-V上のLinux仮想マシンで新たにサポートされる機能実録:Windows ServerコンテナでSQL Serverを動かしてみたWindows Server 2016で大きく変わるライセンスモデルWindows 10の「ワークプレース参加」はどうなる?[後編]Windows 10の「ワークプレース参加」はどうなる?[前編]意外と賢くなったWindows Server 2016のWindows DefenderパブリッククラウドでDaaSを可能にするWindows Server 2016の新機能実運用への道に近づいた、新しい「Nano Server」[後編]実運用への道に近づいた、新しい「Nano Server」[前編]明らかになった「Hyper-Vコンテナー」の正体(2)――コンテナーホストのセットアップ方法明らかになった「Hyper-Vコンテナー」の正体(1)――その仕組みと管理方法ついに日本語版が登場、Windows Server 2016テクニカルプレビューこれまでのまとめ仮想マシンのための「仮想TPM」――仮想化ベースのセキュリティ(その2)物理マシンとユーザーのための「デバイスガード」と「資格情報ガード」――仮想化ベースのセキュリティ(その1)“Hyper-Vの中のHyper-V”で仮想マシンを動かすADドメインはもう不要? ワークグループでクラスター作成が可能に――フェイルオーバークラスターの新機能(その3)可用性をさらに高めるクォーラム監視オプション「クラウド監視」――フェイルオーバークラスターの新機能(その2)短時間のノード障害に耐える仮想マシン――フェイルオーバークラスターの新機能(その1)WindowsコンテナーをDockerから操作するには?――あなたの知らないコンテナーの世界(その4)IISコンテナーの作成で理解するコンテナーのネットワーク機能――あなたの知らないコンテナーの世界(その3)所要時間は1分未満! 今すぐできるWindows Serverコンテナーの作り方――あなたの知らないコンテナーの世界(その2)Windows ServerのDockerサポートとは?――あなたの知らないコンテナーの世界(その1)注目のDockerサポートは? Nano Serverは?――Windows Server 2016 Technical Preview 3登場! 新機能ピックアップ「Webアプリケーションプロキシ」はマルチデバイス環境におけるリモートアクセスの“要”クラウド時代のセキュリティ担保にはActive Directoryフェデレーションサービスが必須となる?4ステップで理解する「ストレージレプリカ」のセットアップと構成方法低コストでデータの災害復旧対策を実現する新たなSDS「ストレージレプリカ」とは記憶域スペースの新機能「記憶域スペースダイレクト」を理解する(後編)記憶域スペースの新機能「記憶域スペースダイレクト」を理解する(前編)Hyper-Vホストから仮想マシンゲストの操作を可能にするPowerShell DirectとはWindows Server 2016世代のクラウド基盤の守護者、Host Guardian Serviceとは注目のNano Server、その謎に迫る――コンテナー技術との関係はいかに?筆者紹介山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Cloud and Datacenter Management(Oct 2008 – Sep 2016)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。マイクロソフト製品、テクノロジーを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手掛ける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。

仮想通貨カジノパチンコ日本 サッカー 親善 試合

コメントを残す