時価 総額 ランキング 仮想 通貨k8 カジノ「ls -l」コマンドの表示からファイルの属性を理解しよう仮想通貨カジノパチンコビット ポイント 指値 注文

時価 総額 ランキング 仮想 通貨k8 カジノ「ls -l」コマンドの表示からファイルの属性を理解しよう仮想通貨カジノパチンコビット ポイント 指値 注文

ミラー レス カメラ 人気 ランキングk8 カジノ 「“応用力”をつけるためのLinux再入門」のインデックス

ベルサイユ の ばら スロット連載目次

ファイルの属性とは?

 ファイルには内容の他にも、「所有者」や「更新日時」などの情報が付属しています。これらの情報を「属性」と呼びます。

 ファイルの属性は、「ls」コマンドの「-l」オプションや(画面1)、「stat」コマンドで確認できます(画面2)。

画面1画面1 ファイルの属性は「ls -l」コマンドで確認できる画面2画面2 「stat」コマンドでもファイルの属性を確認できる

 「ls -l」コマンドで表示される内容の最初の1文字は「ファイルの種類」を示しており、例えばディレクトリなら「d」、シンボリックリンク(実体は別の所にあるファイル)ならば「l」、通常のファイルならば「-」と表示されます。

 ファイルの種類の次に表示されている3組の「rwx」の組み合わせが「パーミッション(許可属性)」で、この部分だけを属性と呼ぶこともあります。その次に表示されているのが「ハードリンク数」(結び付けられている名前の個数)で、その後に「所有者」と「所有グループ」「ファイルサイズ」「(ファイルの)タイムスタンプ(最終更新日)」が続きます。

 まずは、ファイルの属性から順番に見ていきましょう。

※CentOSの場合、SELinux(NSA Security-Enhanced Linux)で使われる“セキュリティコンテキスト”が付いたファイルは、9桁のパーミッションの後ろに「.」が表示されます。セキュリティコンテキストは、ファイルの拡張属性を設定する「setfattr」コマンドで変更できます。

ファイルの種類

 「ls -l」コマンドの1文字目には、「ファイルの種類」が表示されます。通常使われるのは、「d」「l」「-」の3種類になります。その他に、特殊ファイルがあります(表1)。

ls -lでの表示意味-普通のファイル(Regular File)dディレクトリlシンボリックリンクcキャラクタ型デバイスファイル(特殊ファイル)bブロック型デバイスファイル(特殊ファイル)表1 「ls -l」で表示されるファイルの種類

ファイルのパーミッション(許可属性)とは?仮想通貨カジノパチンコチャンピオンズ リーグ 16

コメントを残す