楽天 ウォレット ログインk8 カジノ動く絵本のiPhoneアプリ作成で学ぶSwift文法総まとめ仮想通貨カジノパチンコし の けん と は

楽天 ウォレット ログインk8 カジノ動く絵本のiPhoneアプリ作成で学ぶSwift文法総まとめ仮想通貨カジノパチンコし の けん と は

ク イーズ ブレイド パチンコk8 カジノ 「動く絵本」のiPhoneアプリを完成させよう今回の主な内容「動く絵本」のプログラムはどう作る?複数の画像データを使ってコマ送りさせる複数のページを進めたり、戻したりして、切り替える複数の画像ファイルを「画像セット」で管理できる「アセットカタログ」の使い方Storyboardでボタンに画像を設定する絵を動かすプログラムをSwiftで書いてみようUIコンポーネントをプログラムから制御するUIコンポーネントをViewControllerクラスのプロパティにする「アウトレット」エディタ領域に表示する2つ目の編集画面「アシスタントエディタ」「UIコンポーネントを、どのように接続するか」を設定値が空っぽかもしれないことを示すSwiftの「オプショナル」UIコンポーネントを「イメージ」というプロパティで扱えるようになったオプショナルの使い方絵を動かすプログラムの実行結果を動画でチェックボタンを押したときの動きをSwiftで書いてみようUIコンポーネントに何かが起こったときにメソッドを呼び出す「アクション」アクションに欠かせない「@IBAction」キーワードif文で現在のページ番号を制御するswitch文でページを切り替えるメソッドからメソッドを呼び出す完成したアプリの実行結果を動画でチェックサンプルアプリのファイルをダウンロード一番大切なことは「自分が一体、何を作りたいのか」

タイヨー スロット これからプログラミングやiPhoneアプリ作成を始めてみたい方を対象に、必要な知識を基礎から解説していく本連載「初心者のためのSwiftで始めるプログラミング入門」。前々回の「初心者でも絶対に始められるiPhoneアプリの作り方&Xcode・シミュレーターの使い方」からは「動く絵本アプリ」を作ることを目標に、Xcodeを使ったiPhoneアプリ作成について解説しています。

 前回の「初めてiPhoneアプリをデザインするには、どうすればいい?――すぐ分かるInterface Builder、Storyboard、Auto Layoutの使い方」の中では、作り始めたiPhoneアプリを「動く絵本アプリ」として作り上げるには、次のような作業が必要であると説明しました。

画面に部品を配置し、レイアウトする画面に応じたプログラムを記述する

 このうち、前回は「画面に部品を配置し、レイアウトする」を行いました。動く絵本に必要な「戻るボタン」「進むボタン」「絵を表示する部品」が用意できたので、後はこれらに応じたプログラムを書けば「動く絵本アプリ」として動かすことができます。

画面に応じたプログラムの記述画面に応じたプログラムの記述

 なお「動く絵本アプリ」を完成させるには、そもそも絵本として表示する「絵」が必要ですよね。この「絵」を表す画像データも、プログラミングに関わってきます。ということで、今回は「動く絵本アプリとしての動きのプログラミング」に加えて、画像の追加も行います。

「動く絵本」のプログラムはどう作る?

 さて、これからiPhoneアプリの動きを作っていくわけですが、作り始める前に「どのように作っていけばいいか」を考えてみましょう。

 まず「動く絵本アプリ」に必要な動きは、次の3つです。

絵を動かす「進むボタン」を押したときに、ページを進める「戻るボタン」を押したときに、ページを戻す

複数の画像データを使ってコマ送りさせる

 「動く絵本アプリ」で最も重要な動きが「動く絵」の部分です。「動く絵」をプログラムで書く方法は幾つかありますが、本連載では複数の画像データを使ってコマ送りさせる方法を使います。

 コマ送りとは、複数枚の絵を順番に表示させることで、動いているように見せる手法です。パラパラ漫画のような感じで、絵を変えていきます。

コマ送りコマ送り

 プログラムでは、複数の画像データを取り込み、順番に表示させるような処理を書いていきます。

複数のページを進めたり、戻したりして、切り替える

 1つのコマ送りのプログラムを書くことで、絵本の中の1ページを作ることができますが、これだけでは絵本とは呼べません。絵本には、複数のページが必要です。

 ページ数に応じてコマ送りさせる絵を切り替えていくことによって、1ページごとに異なる絵が動くような「動く絵本」を作ることができます。このようなプログラムも書いていきます。

コマ送りとページコマ送りとページ

 また、ページを進めたり、戻したりといったようなページを変更する処理も必要になります。「『戻るボタン』をタップしたとき」または「『進むボタン』をタップしたとき」といったタイミングで、ページを変更する処理が行われるようにプログラムを書いていきます。

ページを変更する処理ページを変更する処理複数の画像ファイルを「画像セット」で管理できる「アセットカタログ」の使い方仮想通貨カジノパチンコウインター カップ バスケ 2020

コメントを残す