金 と 仮想 通貨k8 カジノWindows 10のトラブルシューティング事例――グループポリシーエディターのエラーを素早く解決する仮想通貨カジノパチンコセイント セイヤ 女神

金 と 仮想 通貨k8 カジノWindows 10のトラブルシューティング事例――グループポリシーエディターのエラーを素早く解決する仮想通貨カジノパチンコセイント セイヤ 女神

ゼウス exk8 カジノ 「山市良のうぃんどうず日記」のインデックス

パチスロ 実機 台連載目次

Windows 10 バージョン1511の「グループポリシーエディター」で発生するエラー

 Windows 10初期リリース(ビルド10240)を経由して、Windows 10バージョン 1511(ビルド10586)にアップグレードしたWindows 10 Pro/Enterprise/EducationのPCでは、「グループポリシーエディター(Gpedit.msc)」を起動すると、次のエラーメッセージが2回ほど表示されます(画面1)。

名前空間 ‘Microsoft.Policies.Sensors.WindowsLocationProvider’ は既にストア内の別のファイルのターゲット名前空間として定義されています。

ファイル

C:\WINDOWS\PolicyDefinitions\Microsoft-Windows-Geolocation-WLPAdm.admx、行5、列 110

画面1画面1 Windows 10初期リリースを経由してWindows 10 バージョン1511以降にアップグレードしたPCでは、「グループポリシーエディター」を開くとこのエラーメッセージが2回表示される。2016年3月のInsider Previewビルドでもこの問題は放置されたまま

 Windows 7/8.1からWindows 10初期リリースをスキップして、Windows 10 バージョン1511にアップグレードしたPCや、Windows 10 バージョン1511を新規インストールしたPCでは、この問題は発生しません。この問題は、“Windows 10初期リリースを経由してWindows 10 バージョン1511以降にアップグレードした場合”に限り発生します。ちなみに、2016年3月にWindows Insider Program向けにリリースされた、開発中のWindows 10 Insider Previewビルドにおいても、この問題は放置されたままです。

 このエラーメッセージは「ローカルコンピューターポリシー」や「グループポリシー」の適用には何の影響もないため、「OK」ボタンをクリックして無視して構いません。でも、毎回毎回エラーが表示されるので、ポリシー設定を多用している人は気になるでしょう。

 また、「Gpresult」コマンドを使用してローカルコンピューターポリシーやグループポリシーの適用状況をテストしたい管理者にとっては、このエラーが影響して正しいレポートを作成できないという問題もあります(画面2)。

画面2画面2 管理用テンプレート「Microsoft-Windows-Geolocation-WLPAdm.admx」のエラーを放置したままでもポリシーの適用に影響はないが、「Gpresult」コマンドが作成するレポートには影響する

 Windows 10 バージョン1511のグループポリシーエディターで発生する「Microsoft-Windows-Geolocation-WLPAdm.admx」のエラーについては、以下の連載記事の「ポリシー定義(.admx)のファイル名変更しました、やっぱり戻しました」でも触れています。

Windows 10でしれっと削除、変更された機能(連載:その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説 第50回)

 Windows 8/8.1の管理テンプレート「LocationProviderADM.admx」は、Windows 10初期リリースで「Microsoft-Windows-Geolocation-WLPAdm.admx」というファイル名に変更されました。その結果、Windows 10初期リリースの管理用テンプレートをグループポリシー用にコピーすると、「LocationProviderADM.admx」と「Microsoft-Windows-Geolocation-WLPAdm.admx」で“同じポリシー設定が重複定義されてしまう”という問題が発生しました。

 この問題を修正するためにWindows 10 バージョン1511では、ファイル名が「LocationProviderADM.admx」に戻されました。Windows 10 バージョン1511のクリーンインストール環境には「Microsoft-Windows-Geolocation-WLPAdm.admx」は存在しません。

 しかし、Windows 10初期リリースからWindows 10 バージョン1511にアップグレードした場合は古い「Microsoft-Windows-Geolocation-WLPAdm.admx」が残されたままになるので、今度はグループポリシーではなく、Windows 10 バージョン1511のローカル環境でグループポリシーエディターが管理用テンプレート「Microsoft-Windows-Geolocation-WLPAdm.admx」のエラーを出すようになってしまいました。

 上記の記事を書いたときには、筆者が指摘したWindows 10 バージョン1511で発生するようになった新しい問題は、サポート技術情報では説明されていませんでした。しかし、現在はこの問題も「シナリオ2(Scenario 2)」として追加されています。初期リリースの問題は「シナリオ1(Scenario 1)」として説明されており、それぞれ発生条件や対処方法が異なるため、複雑なサポート技術情報になっています。

“‘Microsoft.Policies.Sensors.WindowsLocationProvider’ is already defined” error when you edit a policy in Windows[英語](Microsoft Support)エクスプローラーでこの問題に対処するのは意外と面倒仮想通貨カジノパチンコ大学 就職 ランキング 理系

コメントを残す