poki マリオk8 カジノ【 ls 】コマンド――ファイルを一覧表示する仮想通貨カジノパチンコ暗号 通貨 リスク

poki マリオk8 カジノ【 ls 】コマンド――ファイルを一覧表示する仮想通貨カジノパチンコ暗号 通貨 リスク

au プレミアム 映画k8 カジノ 「Linux基本コマンドTips」のインデックス

パチスロ エヴァンゲリオン 6号機Linux基本コマンドTips一覧

 本連載では、Linuxの基本的なコマンドについて、基本的な書式からオプション、具体的な実行例までを分かりやすく紹介していきます。今回は、ファイルのリストを表示する「ls」コマンドの基本編です。

目次

lsコマンドの概要 | 書式 | オプション一覧

実行例ファイルを一覧表示する詳細情報付きで一覧表示する常に1行で/常に複数行で表示するファイルの種類が分かるように一覧表示するlsコマンドとは?

 「ls」はファイルを一覧表示する他、ファイルの詳細情報を表示する際にも使えるコマンドです。

 「ls ディレクトリ名」でディレクトリ内にあるファイルの一覧を、「ls」のみで実行した場合はカレントディレクトリ内にあるファイルの一覧を表示します。また、「ls file*.txt」のように、ワイルドカードで指定することもあります。

目次に戻る

lsコマンドの書式

ls [オプション] [ファイルまたはディレクトリ……]

※[ ]は省略可能な引数を示しています

lsコマンドの主なオプション

 lsコマンドの主なオプションは次の通りです。

●表示フォーマット関係

短いオプション長いオプション意味-l長いフォーマットで表示する。ディレクトリを指定した場合、最初にトータルのブロック数を表示してからディレクトリ内のファイルの情報を表示する-o「-l」と同じだが、グループ情報は表示しない-g「-l」と同じだが、ファイル所有者を表示しない-n–numeric-uid-gid「-l」と同じだが、所有者とグループ名の代わりにUIDとGIDを数値で表示する–full-time「-l」と同じだが、完全な日時を表示する(「-l –time-style=full-iso」と同じ)-G–no-group「-l」と併用したとき、グループ名を表示しない–author「-l」と併用したとき、各ファイルの作成者を表示する
●サイズ関係

短いオプション長いオプション意味-h–human-readable「-l」と併用したとき、サイズを人が読みやすい形式で表示する(例:1K、234M、2G)–si「-h」と同じだが、乗数の単位として1024の代わりに1000を使用する-k「-l」と併用したとき、サイズを1KB単位(1024バイトの倍数)で表示する–block-size=SIZE「-l」と併用したとき、サイズを「SIZE」の倍数として表示する。SIZEは1024単位のK、M、G……および1000単位のKB、MB、GB……などが使用可能。例えば、「–block-size=M」とすると1M単位(1,048,576の倍数)で表示
●時刻関係

短いオプション長いオプション意味-c「-l」と併用したとき、更新日の代わりに「ctime」(ファイルの属性など変更した時刻)を表示する-u「-l」と併用したとき、更新日の代わりに最終アクセス日を表示する–time=WORD「-l」と併用し、ファイル更新時刻の代わりに「WORD」で指定した時間を表示する(WORDが「atime」の場合は「-u」相当、「access」の場合は「-u」相当、「use」の場合は「-u」相当、「ctime」「status」の場合は「-c」相当)–time-style=STYLE「-l」と併用し、「STYLE」で指定した形式で時間を表示する(STYLEは「full-iso」「long-iso」「iso」「locale」「FORMAT」が指定可能。FORMATは「date」コマンドと同様に指定)
●タイプ識別子関係

短いオプション長いオプション意味-F–classify名前の後にタイプ識別子(*/=>@|のいずれか)を付けて出力する(実行例4を参照)–file-type「-F」と同じだが、実行ファイルを表す「*」は付けない-p–indicator-style=slashディレクトリの場合のみ「/」を付けて表示する
●その他の情報

短いオプション長いオプション意味-i–inode各ファイルの前にファイルの「iノード番号」(ファイルを管理するのに使われている数値)を表示する-s–size各ファイルの前にファイルのブロック数を表示する-Z–context各ファイルのSELinuxセキュリティコンテキストを表示する
●出力フォーマット

短いオプション長いオプション意味-Cリストを常に複数の列で出力する(リダイレクトやパイプで画面以外に出力した場合も画面表示と同じように複数の列で出力する:実行例3を参照)-1リストを常に1件1行で表示する(画面表示の際もリダイレクトやパイプで画面以外へ出力した場合と同じように1行1件で表示する)-mファイル名のリストをカンマで区切って表示する-x複数列の表示でファイル名を列方向ではなく行方向(縦方向)に並べる-T 数–tabsize=文字数タブ幅を8の代わりに指定した文字数にする-w 数–width=文字数スクリーン幅を指定した文字数にする–format=WORD表示スタイルをWORDで指定(例:「–format=long」で「-l」相当。WORDが「across」「horizontal」の場合は「-x」相当、「commas」の場合は「-m」相当、「long」「verbose」の場合は「-l」相当、「single-column」の場合は「-1」相当、「vertical」の場合は「-C」相当)-Q–quote-nameファイル名をダブルクオート(”)で囲む–quoting-style=WORDファイル名のクオートをWORDで指定された形式で行う(WORDには「literal」「locale」「shell」「shell-always」「c」「escape」を指定)–color[=WHEN]カラーで出力する。WHENには「always」「never」「auto」を指定(デフォルトはautoで、出力先が端末の時だけカラーで出力する)、色の設定は環境変数「LS_COLORS」で行う-N–literal生の要素名を表示する(制御文字などを特別扱いしない)-q–hide-control-chars表示不可能な文字を「?」に置き換える–show-control-chars表示不可能な文字をそのまま表示する(出力が端末ではない時のデフォルト)
●並べ替え関係のオプション

短いオプション長いオプション意味-tファイルの更新日が新しい順に表示する(「-lc」が併せて指定されている場合は「ctime」順、「-lu」が併せて指定されている場合は最終アクセス日順で表示)-Sファイルサイズの大きい順に並べる–group-directories-first先にディレクトリの一覧を表示してからファイルを一覧表示する(「–sort=none」「-U」と併用した場合は無効)–sort=WORD名前順の代わりに「WORD」で指定した順で並べ替える(例:「–sort=time」で更新日順。WORDが「none」は「-U」相当、「extension」は「-X」相当、「size」は「-S」相当、「time」は「-t」相当、「version」は「-v」相当)-v自然な数字(version)順でソートする-X拡張子のアルファベット順にソートする-r–reverse並び順を反転させる-Uファイルを並べ替えず、ディレクトリに含まれている要素順で表示する-fファイルを並べ替えず、ディレクトリ情報のままで表示する(「-aU」が有効になり、「–color」が無効になる)
●表示対象関係のオプション

短いオプション長いオプション意味-a–allドットファイルも表示する-A–almost-allドットファイルも表示する、ただし「.」と「..」を除く-B–ignore-backups「~」で終了する要素を一覧表示しない–ignore=PATTERNシェル形式の「PATTERN」(「D*」や「file[1-3].txt」など)に一致する要素は表示しない–hide=PATTERNシェル形式の「PATTERN」に一致する要素は表示しない(「-a」または「-A」で上書きされるため「–hide=”.b*”」のような指定は無効)-d–directoryディレクトリの内容ではなく、ディレクトリそのものの情報を表示する(シンボリックリンクもたどらない)-H–dereference-command-lineコマンドラインで指定したファイルやディレクトリがシンボリックリンクの場合は、リンク先の情報で表示(「-F」「-d」「-l」と一緒に使う。例えば、「/bin」が「/usr/bin」へのシンボリックリンクの場合、「ls -l /bin」ではシンボリックリンクの情報が表示されるが、「ls -lH /etc」では「ls -l /usr/bin」と同じ結果になる)–dereference-command-line-symlink-to-dirコマンド行のシンボリックリンクがディレクトリを指している場合には、シンボリックリンクをたどる-L–dereferenceディレクトリ内のファイルも含めて、全てをシンボリックリンクのリンク先の情報で表示する-R–recursiveディレクトリを指定した場合、再帰的に表示する

目次に戻る

ファイルを一覧表示する#CmsMembersControl .CmsMembersControlIn {width:100%;background:url(https://image.itmedia.co.jp/images/spacer.gif) #DDD;opacity:0.05;filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Alpha(Enabled=1,Style=0,Opacity=5);z-index:1;}続きを閲覧するには、ブラウザの JavaScript の設定を有効にする必要があります。仮想通貨カジノパチンコjr 労働 組合 脱退

コメントを残す